糸から織への

華 麗 な 演 出

◇京都・西陣◇ 

京もん


西陣意匠紋紙工業協同組合   〒 602−京都府京都市上京区五辻通大宮西入五辻町48
http://www.kyoori.or.jp/   e-mail  info@kyoori.or.jp 
更新情報 組合案内 業務案内 アクセス ワ ー ク
更新情報 ひ  と リ ン ク 会員ページ トップページ
”西陣意匠紋紙工業協同組合" width="162"
西陣意匠紋紙工業協同組合

豊 田 宏 一 氏


小 野 晴 次 氏


小 笹 祐 義 氏



本 業 界 至 宝 の 名 工

第三回 小笹 祐義 氏

西陣に生まれ、西陣に育った、職一筋
氏のおおらかさは、私たちのよりどころです


小笹祐義氏略歴
昭和 8年 8月 京都市上京区(西陣)に生まれる
   27年 京都市立洛陽工業高等学校紋織科卒
   31年 同志社大学商学部卒
★卒業と同時に父、米二郎(京都市伝統産業技術功労者)に師事
平成 6年 京都府伝統産業優秀技術者表彰(京の名工)
   12年 卓越した技能者の労働大臣表彰(現代の名工
現 在   西陣意匠紋紙工業協同組合監事

        

 株式会社小笹紋工所社長


昭和31年より父、米二郎氏より紋意匠の技術を伝授され、帯地をはじめ、着尺特に紋紗については、織物組織、設計に精通し、巧みな紋意匠の表現を得意とする。その他多種多方面の織物にも精通し、幅広い織物知識と製作技術は他に類を見ない。

 最近では、東京迎賓館を飾る織物額トルファン唐花文錦を制作、平成4年皇太子殿下ご成婚に際し袋帯の製造に携わる。一方、約40年にわたり後継者の育成につとめ、業界の発展と振興に寄与している。

昭和31年より父、米二郎氏より紋意匠の技術を伝授され、帯地をはじめ、着尺特に紋紗については、織物組織、設計に精通し、巧みな紋意匠の表現を得意とする。その他多種多方面の織物にも精通し、幅広い織物知識と製作技術は他に類を見ない。

 最近では、東京迎賓館を飾る織物額トルファン唐花文錦を制作、平成4年皇太子殿下ご成婚に際し袋帯の製造に携わる。一方、約40年にわたり後継者の育成につとめ、業界の発展と振興に寄与している。


 私の生活の場である西陣は、と言うより京都は、大変歴史のある街で色々な伝統と他面革新性の富んだ中に生まれて来ています。

 父、米二郎の生まれた所は、中京区車屋町丸太町下ルで、そのあたりは現在京都新聞の社屋がある場所を含めて、少将月御旅町と言われていて、旧下村大丸の別家17家の多くが住んでいた所で、家もその一軒でありましたが、下村大丸の株式会社への改組に伴い旧別家は解散を余儀なくされ、我家は没落、その名残として家の墓石には ○大 の紋が刻まれています。また、弊社の住所は、大宮通五辻上る西入紋屋町と称されていて、旧御寮織物司6人家のうちの三上家が今でもその由緒を伝えています。

 図子の中程並びに数十メートルの細い袋小路があり、その行き当たりに主家があり、両側に千本格子の軒続きの2階家が並び西陣の旧態をよく残しています。そうした中で育った私は、生粋の西陣っ子であると自負しています。そしてこの土地と先輩の名を汚さぬよう頑張ってもの造りに尽くしたいと願っています。


このページのトップへ