京もん(ひ と)京都・西陣・西陣意匠紋紙工業協同組合

西陣織紋意匠

糸から織への


華 麗 な 演 出

◇京都・西陣◇ 
京もん 西陣意匠紋紙工業協同組合
京都・西陣意匠紋紙工業協同組合   〒 602−京都府京都市上京区五辻通大宮西入五辻町48
http://www.kyoori.or.jp/   e-mail  info@kyoori.or.jp 
組合案内 業務案内 アクセス ワ ー ク
更新情報 ひ  と リ ン ク

西陣意匠紋紙工業協同組合

豊 田 宏 一 氏


小 野 晴 次 氏


小 笹 祐 義 氏

本 業 界 至 宝 の 名 工

 第1回  豊田 宏一 氏 



  豊田 宏一 氏

  昭和21年京都市立第一工業学校機織科を卒業後、 織物製織及び準備工程を修得し、同25年より父豊田豊吉氏に師事。 織物組織 ・ 設計に精通し、 皇室の丸帯や中部地方伝統工芸会依頼の東海道五十三次図丸帯の製作など、 優れた技術を発揮されています。
  また、 昭和40年より当組合の理事 ・ 副理事長を歴任し、 平成3年からは後継者育成の担当理事として業界の発展に貢献されています。 平成12年度から13年度まで理事長に就任されました。 平成12年度より京都府匠会会長に就任され 、 現在に至っています。



昭和六十三年   伝統工芸士認定

平成三年      京都府伝統産業優秀技術者[京の名工]一番下に説明あり

平成八年      労働大臣卓越技能者章[現代の名工]

平成九年      伝統的工芸品産業功労者近畿通商産業局長表彰

平成十年      労働省勲六等瑞宝章受賞


  元来、織物製造に深く関わって来られた豊田氏は、 紋意匠業界における伝統技法の継承とコンピュータを利用した技法に早くから精通し現代の名工として、後進の指導にあたっておられます。 現在豊田氏は、 ここ15年ほど元々の夢であった西陣織の新しい物作りに邁進されております。

  今回は、作品紹介を通して豊田氏の西陣織の新しい用途を考えると言う姿勢と、今尚衰えぬ物作りへの意気込みをご紹介致します。



● 作品紹介 ●

中央に滝、右に桜、左に紅葉を配した春秋文タペストリー。

*寸法 幅65cm 高さ160cm

*用途 住宅の玄関吹抜け部分のインテリア。(平成八年京の名工展出品作品)

春秋文タペストリーをアレンジ、周囲に名物裂牡丹唐草を配したもの。

*寸法 幅90cm 高さ135cm

日の出と宝船、周囲に正倉院葡萄唐草文を縞状組織変化させたもの。

*寸法 幅100cm 高さ125cm
(平成十三年京の名工展出品作品)

合掌造の民家をイメージした小物入れ。

*寸法 幅35cm 奥行29cm 高さ45cm

*用途 三段引出し付き小物入れ又、部屋インテリア。


江戸時代後期のユニークな七福神画を織物にしたもの。

*寸法 幅93cm 奥行30cm 高さ105cm

*用途 衝立、額装。(平成十二年京の名工展出品作品)

彩七宝を市松状に配した経糸二重織。

*寸法 幅56cm 高さ85cm

*用途 和室向け几帳。



その他 行燈、置物等があります。




● 製作意図 ●
  和装不振また不況による低工賃、われわれ意匠紋様に携わる者として、あたまを切り替え他業種と連携をとり、新しい美術工芸品を生み出すべきではないか。
  現段階において呼びかけても新規のこと、見込みのないこと、 不況でうきあがっている、ただ議論だけで終わる可能性が大である。
  人生の終末時期にはいっている私、単なる道しるべに終わると思うが、世間になにかの形を残しこころある人が将来集まって、技を競い知恵をしぼり新美術工芸品をうみだしてくれることを期待して以下の作品を作っている。
  縫製、木工、表装、すべて素人の私が針で指をさし又、鋸で切り大苦闘の連続、めだるさ一杯ですが心だけはお汲み取りください。



参考1 京都府伝統産業優秀技術者
  京都府下全域の伝統産業に従事する職人が、各所属団体から推薦され作品審査を受けて毎年10〜25名が選ばれ、 京都府伝統産業優秀技術者として知事から表彰される制度。昭和36年より実施されている技術者表彰制度。

参考2 京の名工展
  上記知事表彰受賞者により昭和46年に結成された京都府匠会(たくみかい)が、京都府と共催しておこなう伝統産業作品展。現在は京都府文化博物館5階で毎年10〜11月に4〜5日間開催されている。




このページのトップへ